アーティスト

にゃんぞぬデシ|本名や出身大学を調査!岩井(ハライチ)との関係は?

ニュージャパン・シーンを牽引するユニット「にゃんぞぬデシ」。

本名や出身高校・大学など、このユニットに関する

様々な情報を調査してみました。

また、岩井(ハライチ)との関係も、曲の評判なども

詳しく解説します。そして、このユニットの

リリースした楽曲の反応など、注目の話題を

一挙にお届けいたします!

ぜひ、この記事をご覧ください!

にゃんぞぬデシの出身高校・大学を調査!本名も気になる!

 出典元

 

にゃんぞぬデシ(ニャンゾヌデシ)

1998年8月4日生まれ

福島県出身

歌手・アーティスト

代表曲 勘違い心拍数(デジタルシングル)

本名は非公表

にゃんぞぬデシさんの本名は残念なことに非公表となっていました。

どんな名前なのか気になるところですね。

にゃんぞぬデシさんの名前の由来

にゃんぞぬデシという風変わりな名前は、

小学校1年生の時にお祭りで出会った猫の

にゃんぞう」に由来しています。

その生き物に憧れ、その弟子である自分を

「にゃんぞぬデシ」と名付けました。

にゃんぞぬデシさんの経歴

小学5年生の時に観た映画は、

小学生の時に観たマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」

エンターテイナーになることを決意し、

中学3年の時に昼食代からこっそり貯金するようになります。

中学3年の時に中古のギターを手に入れ、作曲を始めます。

高校2年生になる頃にはライブ活動を開始。

高校3年の時、スイカをつまみ食いして歩くJKとして

注目されるようになります。

ライブの帰り道での光景だと言います。

2016年のmona recordsレーベルオーディションでは、

グランプリを獲得し、ミニアルバム「はじめまして、17歳です

ハッピーエンド建設中」をリリースしました。

2016年9月18日、下北沢mona recordsにて「にゃんぞぬランド起工式」と

名付けられた初ワンマンライブを行い、

チケットは全て先行購入されていました。

初ワンマンライブはまさかのプラチナチケットに。

2018年2月、DISH//に1曲目を配信 "どういうことなんだい?"

2018年7月25日MINI ALBUM『魔法が使えたみたいだった』リリース。

2018年10月26日アニメ「おこしやす、ちとせちゃん」エンディング曲

泣く子も笑う』をダウンロードリリースしています。

テレビ東京のドラマ24『Iターン』のオープニングテーマ曲

ムロツヨシさん、古田新太さん出演のテレビ東京系ドラマ24

アイターン」の入場曲として、にゃんこ大戦争の

勘違い心拍数」が使用されています。

にゃんぞぬデシの出身高校や大学は?

にゃんぞぬデシさんの高校は公表されていませんでしたが、

おそらく都内の高校の可能性があります。

大学は日本大学芸術学部音楽学科でした。

にゃんぞぬデシと岩井(ハライチ)との関係は?

岩井さんのラジオ番組で

インターネットを検索すると、

お笑い芸人でハライチの岩井勇気さんの名がよくでます。

2018年3月、運命的ににゃんぞぬデシさんは岩井さんと直接出会うことになり、

偶然にもその時、岩井さんはTBSラジオの

ハライチのターン」という番組で放送していたのだそうです。

そこで、にゃんぞぬデシさんは岩井さんに自作のCDをプレゼントし、

そのCDは生放送で流されました。

それ以来、岩井さんのもとにはにゃんぞぬデシさんのバースデーソング

頻繁に届けられるようになり、

二人の出会いはとても大きなものになりました。

にゃんぞぬデシさんが送ったバースデーソング『空飛ぶバイクに乗って』

岩井さんに向けた歌詞で曲もとてもいい感じですね。

にゃんぞぬデシの曲の評判や反応はどうなの?

日常からインスパイアされた繊細な歌詞と、

心に残るキャッチーなビートを生み出し、

情感豊かな歌声で気持ちを伝えるアーティスト、にゃんぞぬデシ。

2021年リリースの「雨はきらい」は、恋愛のさまざまな側面を描いた

作品集『にゃんぞぬデシこのラブソングダイアリー』の中の一曲です。

雨に濡れた映像や映画のワンシーンを切り取ったような描写で、

切ない片思いの叫びを表現しています。

杉山清貴、森崎ウィンなどに参加する実力派ミュージシャン、

宮野弦史が、複数の楽器をブレンドして制作した絶妙なナンバーです。

さらに、彼女の楽曲「Wintery, Summery」も収録されています。

雨がきらいという曲はこちらです。

2023年の活動は

2023年1月3日にはYou tube番組『酒とタバコと暇つぶし』の

エンディングテーマ『煙たい夜をもう少し』を担当しています。

もちろんにゃんぞぬデシさんが書き下ろした曲です。

2023年1月9日には、にゃんぞぬデシ企画第1弾

にゃんぞぬとモナ2023Feb『ネコの山脈』が開催されました。

猫の日2月22日に下北沢モナレコード・米沢森人さんとの

楽曲制作ユニット『猫山脈』のお披露目もありました。

にゃんぞぬデシさんの曲を聴いた人

彼女の曲を聴いた人は、エネルギッシュなモータウンのビートと

穏やかなコーラス、夏の日の失恋の傷みを歌っていました。

騒々しい雰囲気の中、伸びやかな響きが印象的で、

曲の終わりには自然と拍手が起こり

その場にいた全員の気持ちと考えが一つになりました。

心にも響くような楽曲が多かったという人もいました。

まとめ

にゃんぞぬデシは、新日本のシーンに大きなインパクトを

与えた素晴らしいアーティストになります。

本名を公表していないにもかかわらず、

そのクリエイティブでユニークな音楽のおかげで

名声を得ることができたのです。

岩井(ハライチ)さんとの関係も、

にゃんぞぬデシさんの成功に大きく貢献しています。

彼女の曲に対する評価や反応は

圧倒的にポジティブであり、

新日本のシーンにおける彼女の地位は、

さらに強固なものとなりました。

今後何年にもわたって人々に

インスピレーションを与え続ける存在なのです。

にゃんぞぬデシのストーリーは、献身と努力に

満ちた感動的なものです。

彼女は子供の頃から夢を持っていて、

一見先が見えないような状況でも

その夢を追い続けたことがよくわかります。

岩井(ハライチ)との関係もそうですが、

彼女の音楽に対する決意と情熱は賞賛に値します

そして、彼女の歌に対する好意的な評価や反応が、

にゃんぞぬデシさんがアーティストとしての

真の才能をさらに示しています。

つまり、「にゃんぞぬデシ」のサクセスストーリーは、

努力と献身、そして忍耐があれば何でもできることを

証明しています。彼女は数々の障害を乗り越え、

新日本で最も人気のあるアーティストの一人となったのです。




-アーティスト

error: Content is protected !!